×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

くも膜下出血の症状 くも膜下出血体験談

くも膜下出血体験談 34歳でくも膜下出血、手術、そして現在の私

くも膜下出血 > くも膜下出血の症状
このページではくも膜下出血に関連する情報や記事を紹介します。

くも膜下出血の症状

突然の激しい頭痛、嘔吐。曰く、「人生最悪の」、「金属バットで殴られたような」と表現される頭痛が多い。しかし、「人生最悪の頭痛」と表現するほどの痛みは発症の25%程度と言われている。この頭痛は1〜2時間で消失することはなく数日持続する。脳内血腫を伴わなければ片麻痺、失語などの脳局所症状はみられない。なお、出血が高度であれば意識障害をきたし、頭痛を訴えることは出来ない。神経症状として髄膜刺激症状が、認められることが多い。重症度の分類としてHuntとKonsnikの重症度分類を用いる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

くも膜下出血の症状は、上記の説明にあるように金属バットで
殴られたような激しい頭痛と嘔吐です。

私は鉄パイプでガーンと殴られたような激痛と症状を説明していました。
鉄パイプや金属バットで頭を殴られたことはありませんが、
多分殴られたらあのような痛みだと思います。

それから嘔吐です。私も何度も吐きました。
特に動こうとすると吐き気がしました。

母は、激しい頭痛と嘔吐という症状を見て、私がくも膜下出血だと思ったそうです。

参考
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

くも膜下出血関連情報

トップページへ戻る

 


くも膜下出血体験談

私のくも膜下出血体験談です。


くも膜下出血お役立ちリンク

生命保険や高額医療に関連するお役立ちサイトやくも膜下出血体験談や闘病記、くも膜下出血について記載しているサイトを紹介します。

 

サイト運営
Copyright (C) 2007 くも膜下出血体験談 All Rights Reserved.