×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

くも膜下出血手術から生還 くも膜下出血体験談

くも膜下出血体験談 34歳でくも膜下出血、手術、そして現在の私

くも膜下出血 > くも膜下出血体験談 くも膜下出血手術から生還
このページでは私のくも膜下出血体験談をお話しています。

くも膜下出血手術から生還


目を覚ますとそこには家族の顔がありました。
京都に住んでいる妹の顔もありました。


なんでいるの?


あんたが倒れて手術するっていうから!


妹は泣きながら怒ってました。


しばらくは自分に何が起きたかわからなかったし、
状況を把握するのに時間がかかりました。


もちろん手術をしたことも気づいていなかったので、
自分の体に何本もの管がついているのが不思議に思えました。


浦島太郎のような気分でしたね。


家族は私に、


手は動くか?
足は動くか?
しゃべれるか?


とこわばった顔で問いかけました。


私はそんなことよりも長女がどうなっているのか、
誰が面倒を見ているのか心配でした。


手術は、おでこの中心、てっぺんから右の耳の後ろにかけて
髪の生え際から数センチのところを切開して行われたようでした。


今は髪が長くなったので、手術の後はまったく見えなくなりました。


手術後2週間は集中治療室に、そのあと約1週間は一般病棟で入院生活を送りました。
順調に回復していましたが、私たちは更なる問題を抱えていました。
それはお金、手術費用・治療費・医療費です。


命はお金では買えない。


それは十分わかっていますが、現実問題として手術費用・治療費・医療費は、
私たちに重くのしかかります。


あとで聞いた話ですが、お金の問題は手術や治療と同時進行でした。
手術が終わると数日内にお金の話があったそうです。


もちろん家族は私に心配をかけないように、お金の話はしませんでしたが、
見舞い、子供の面倒、親戚・知人などへの対応と同時にお金の工面に追われたようでした。


こうして私は手術してから22日後の4/15に無事に退院しました。


戻る<< くも膜下出血と気づかず病院へくも膜下出血の手術費用・治療費・医療費 >>次へ

くも膜下出血体験談

トップページへ戻る

 


くも膜下出血関連情報

くも膜下出血に関連する情報や記事を紹介します。くも膜下出血画像は、リアルな画像や写真が表示される場合がありますので、お気をつけください。


くも膜下出血お役立ちリンク

生命保険や高額医療に関連するお役立ちサイトやくも膜下出血体験談や闘病記、くも膜下出血について記載しているサイトを紹介します。

 

サイト運営
Copyright (C) 2007 くも膜下出血体験談 All Rights Reserved.